夢日記だけじゃ夢は叶わない?努力を可視化する『記録日記』をつけるべき!

夢を叶える「未来日記」が流行っているが・・・

夢を叶えるための方法やテクニックを、今まで何度も説明するなかで、イメージの重要性について強調してきました。

 

1、潜在意識を使えば夢は叶う?憧れを夢に変える簡単な方法とは

2、夢を目標に、目標を予定に!今日やることリストを作れば達成率UP

3、「イメージ化と実感力」がカギ!潜在意識を使って夢を叶える簡単な方法は?

 

ところで、巷で結構前から流行っている「夢日記」というものをご存知ですか?

 

どういうものかと言うと、

 

「◯年◯月◯日、ついに念願かなってマイホームを手に入れた!嬉しい!!」

 

と言ったふうに、未来のある時点の日記を、あたかも今まさに書いているかのようにイメージしながら記す日記です。

 

もちろん私も10年以上前から幾度となく取り入れている方法ですし、自分の夢のイメージ強化のためには最適です。

 

しかし「夢日記」を書いたからと言って、すぐに自分自身や潜在意識がそれを「現実のもの」と思えるわけではなく、実際には夢日記に書いた内容を「何度も繰り返し」「鮮明に」「現実と区別がつかなくなるくらい」イメージし続けることが必要です。

 

「イメージ」と「実感」が潜在意識を動かし、夢実現に向かって導いてくれるということを詳しく説明した記事はこちらです。

「イメージ化と実感力」がカギ!潜在意識を使って夢を叶える簡単な方法は?

イメージトレーニングで成功者に!効果的な方法と叶うイメージのコツとは?

 

しかし、再三「イメージが大事!」と伝えてきましたが、実際夢を叶えるには「イメージ」だけでなく「現実」の自分の努力も大切ですよね。

 

イメージをするメリットはそもそも、「自分が夢実現のために何をすればいいのかが明確に分かるようになる」ことです。どう努力すればいいのかが分かってくるのです。

 

未来の自分についての鮮明なイメージが描けるようになると、自然と「その未来の現実」に必要な情報やチャンスが集まってきて、しっかりとキャッチすることができるようになるからです。

 

(潜在意識の「情報&チャンスセンサー」が稼働するからですね。イメージが明確でない人は、すぐ近くにある有益な情報を逃していたり、与えられた人生のチャンスをみすみす逃していたりしがちです。)

今回は、「今(現実)の自分」を「未来の(現実の)自分」にぴったり重なるまで寄せていく作業、つまり「日々の努力」にスポットライトを当てたいと思います!

 

この「寄せていく」作業を効率的に行うことができ

しかも自己管理能力トレーニングにもなり、

さらに継続力を鍛えてくれ

日々の幸せにも気づかせてくれ、

夢へのモチベーションを保ってくれ、

ひらめきや気づき、チャンスを「度忘れ」することを防いでくれ

さらに!結果も必ずついてくる、

 

そんな恐るべきツールがあるんです。

 

なんだと思いますか?

 

それが、「記録日記」なのです!!

 

 

記録日記とは何か?

 

記録日記サンプルPDF

 

記録日記とは、「昨日やったこと、今日やること、明日やりたいこと」を毎日朝起きて何かを始める前に書き、夜寝る前に「明日やりたいこと」をつけ足したり、「気づき・今日の自分・感謝」の欄を埋めながら自分を振り返る作業ができる日記です。

 

朝起きてやる作業はとっても簡単なので、「5分」もあれば十分です!

 

夜寝る前は、自分のことをじっくり振り返るために、10分ほどとるとよいでしょう。

合計でもたったの15分!

 

この15分の記録日記で、あなたの夢実現速度は飛躍的にUPします!!

 

記録日記を書くコツ

記録日記をつける際に、いくつかコツがあります。

 

「正直に書く」ことと、「数値化して書く」ことです。

 

まず1つ目。自分の頑張りを自分に向かって改ざんしたり、虚勢を張ったりしないでください。

素直に、できなかった日はできなかったままを書けばいいのです。

 

2つ目は、やったこと、できたことは、毎日できる限り数値化したり、評価したりして、過去から現在への成長が「より目に見えるように」してください。

 

例えば、英単語なら「◯◯個覚えた」という数値。

収益なら「●●円」という数値。

ダイエットなら、「◯◯kg」という数値。

タイムなら「◯◯秒」という数値。

料理なら「★★★★☆」といった評価。

笑顔なら「80%」といった評価。

 

このように、自分に分かる数値や評価でいいので、正直に、細かく数値化して残しましょう。

 

また、上から2番目の「   の目標:」の欄は、お好みで「2017年の目標」や「7月の目標」、「下半期の目標」など、今自分の中で目下目指している鮮明で「目の前」だと思える目標を書きましょう。

 

「夢:」と合わせて毎日「目標」を記入することによって、夢を叶えたい気持ちや情熱を、毎日再確認することができます。

 

この記録日記をつけるべき理由・メリットを、以下でご説明します。

 

 

夢を叶えるには『記録日記』をつけるべき!その3つの理由とは?

とっても簡単で、単純な作りに見える「記録日記」。

しかし効果はあなどるなかれ。

 

毎日「記録日記」を積み重ねていくと、あなたの人生に素晴らしい変化が起こってきます。

以下で確認してみましょう!

 

1、現実の自分を管理することができる(セルフ・マネジメント)

スポンサーリンク

夢や目標を紙に書き、イメージをし、「ようし!頑張るぞ!」と決意して頑張っているあなた。

 

1週間前にやったこと、記憶していますか?

そして、1ヵ月前のあなたと今のあなたがどれほど違うのか、今はどれほど成長できているのか、知る術を持っていますか?

 

そうなんです。人は自分の頑張りも、しっかりと記録しておかないと忘れてしまうのです。

 

漠然としか「頑張っている自分」を知ることができないので、時々不安になります。

本当に前に進めているのか?と。

 

だからこそ、

 

「頑張り」を可視化させてください!

 

1週間、1ヵ月、この記録日記を続けていくと、あなたは得難い体験をすることになるでしょう。

 

ちょうど1ヵ月前の記録日記をめくってみてください。

 

そこに書かれたあなたの「やったこと」、「気づき」「今日のあなた」、「感謝」。

 

今のあなたはその時のあなたよりも何かしら、確実に成長できているはずです。

 

この1ヵ月毎日休まず記録し続けてきたあなたは、30日分前に進んでいるのです。

 

 

同様に、昨日の自分を反省しながら書く「今日やること」。

 

夜に朝書いた「今日やること」を踏まえて「今日やったこと」を思い返しながら書く「明日やりたいこと」。

 

もし毎日の中で、こうした「振り返りの時間」がなかったとすると、あなたは本当に漠然と努力しているのです。

 

漠然とした努力は、漠然とした「頑張っている(かも?)」という気持ちしか生まず、漠然とした結末しか来ません。

 

誰もあなたの夢実現のために「昨日はこうだったよね。じゃあ今日はこれとこれをやろうか!明日はこれをやろうね!」とマネジメントしてくれません。

 

全部自分でやるしかないのです。

 

1日24時間。

 

とても小さな単位ですが、あなたの夢を叶えていく工程はこの「1日」という小さな単位で構成されています。

 

つまり、この「1日」をどれだけ濃く過ごせるか。

 

これが大事だということです。

 

1日も無駄にしないように、毎日自分のやったこと、やるべきこと、気づいたこと、自分の気持ちやコンディション、そして「今持てるものへの感謝」を忘れずに行うと、あなたの人生は時計の秒針が確実にカチッカチッと前に進むように、力強く前に進み始めます。

 

書いた記録日記の分だけ、前に進んで行っているのが分かるのです。

これほど書き甲斐のある日記はほかにありません!!

 

夢のイメージも大切ですが、記録日記で「現実の自分」を管理するセルフマネジメント能力を育てていきましょう!

 

 

2、1日を振り返り、「気づき」のメモと、「感謝」と「確認」をすることができる

セルフマネジメントとも重なりますが、「1日を振り返る」ということは、意識してやらない限り普通はやりません。

 

疲れて帰ってきて、ごはんを食べて、お風呂に入って、ベッドに潜ったら寝るだけです。

 

ベッドに入って感謝のアファメーション瞑想ができる人は素晴らしいですが、ベッドに入ったら睡眠への誘惑になかなか勝てないのが人の常ですね。

 

その点、脳や心の中でやるのではなく、ペンを持って日記に「書く」という具体的な行為で1日を有意義に締めくくるのは誰にでも「簡単に」できることです。

 

「気づき」を記入する理由は、せっかくイメージトレーニングなどで潜在意識に「夢」を刻みこんで、情報・チャンスセンサーを起動させていても、人間は思いついたことをすぐに忘れてしまう生き物だからです。

 

 

毎日気づいたことは忘れないうちにメモしておきましょう!

 

「感謝」を記入する理由は簡単です。

 

忙しく過ごしていると、とかく忘れがちになる小さな「幸せ」や当たり前のような「幸運」を、毎日しっかりと見つめて感謝できる人には、幸せや幸運はますます加速度的に訪れるようになるからです。

 

それに、どんなにつらい日でも、記録日記をつけて小さな小さな幸せにでも目を向けることができれば、あなたは幸せな人間として1日を終えることができるのです。

 

これは画期的な習慣なのです。ぜひ続けてください!ツキや幸福があなたの虜になります!

 

 

また、毎日「夢」と「目標」を確認する人は1%にも満たないでしょう。

 

しかし、毎日確認しないと、人間はどうして頑張っているのか、どうして夢を叶えたいのか、情熱が次第に薄れてきてしまいます。

 

本当に夢を叶えたかったはずなのに、日々の忙しさに夢や希望が殺されてしまうなんて、そんな悲しいことはありません。

 

どんなに忙しくても、どんなに境遇が過酷でも、毎日夢と目標を心に刻み続けることで、潜在意識も脳も心もあなた自身もすべてが一丸となって目標達成・夢実現に向けて進んでいくことができるのです!!

 

「気づき」「感謝」「確認」がどれほど夢実現に大切か、分かっていただけたかと思います。

 

それをすべて1枚の紙、1ページの紙でできてしまうのですから、これほど効率的なツールはありません!!

 

 

3、今日すべきこと、明日すべきことが明確になる

「昨日やったこと」を書くことから1日を始めると、「今日すべきこと」は自然と目の前に現れます。

「今日やったこと」を振り返ると、「明日すべきこと」はおのずとわかってくるものです。

 

1日1日「やるべきこと」が明確になっているか、いないかで、1日の濃さはまったく違ってきます。

「やるべきこと」が明確になったら、「今日やることリスト」を作ってさらに細かく時間で分けていくと、より効率的に1日を過ごすことができるでしょう。

 

夢を目標や予定に変える方法とは?今日やることリストを作れば達成率UP

 

 

毎日「今」の自分と向き合って、未来の自分に寄せていこう!

どんなに天才でも、自分の立てた大きな目標や夢が、一夜の努力で叶うことはほぼありません。

 

すぐ叶わないからこそ、「夢」であり、「目標」として掲げるのでしょう。

 

その夢や目標に到達するためには、毎日その未来に向けて現実の自分を寄せていくしかありません。

 

逆に言えば、毎日寄せ続けていけば、必ず到達することができるはずです。

 

寄せる努力が足りていないから、まだ達成していない・叶っていないのだということが分かれば、あとはもう頑張るのみですよね!

 

正しい努力を、「未来の自分(夢の自分の姿)と今の自分の能力が重なるまで」続ければ、夢は必ず叶うのです。

 

記録日記、今日から始めてみませんか?

記録日記サンプルPDF

       
 
スポンサーリンク
   

 コメントを追加

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です