カエルの鳴き声がうるさい?自然音の癒し効果とカエルの合唱に隠された秘密とは?

      2017/09/03

スポンサーリンク

カエルの大合唱。うるさい?それとも癒される?

カエルの鳴き声が降り注ぐ季節になりました。

 

私の住んでいる家は、ちょうど寝室の窓の外が広い田んぼに接していて、夜になると世界がカエルの鳴き声に包まれます。

 

ちょっと上の動画の音声を聞いてみてください。

 

あなたはこれを聞いて、「カエルうるさい!」と思いますか?

それとも癒されますか?

 

中にはうるさいと思う人もいるでしょうが、自然の音色に癒される方が多くいらっしゃることと思います。

 

最近「自然音」「ヒーリング」ともっぱら人気の高い「虫の声」。

 

今回はあなたのリラックスに一役買ってくれる、まさに旬の自然音「カエルの鳴き声」にスポットライトを当ててみましょう。

 

カエルはいつから鳴きはじめ、いつまで鳴くのか?時期が知りたい!

カエルは初夏、田植えのための水が田んぼに引かれたころから鳴きはじめ、長いものだと夏の終わりまで鳴き続けます。

 

一番の盛りは「田んぼの水が入ってから~1ヵ月ちょっと」です。

 

この時期はカエルにとって、正念場なのです。

 

その理由はカエルが鳴く「意味」にありました。

 

カエルの合唱の(カエルが鳴く)意味とは?

カエルが夜(昼も鳴いてはいるが、主に夜)、「大合唱」を繰り広げている理由はずばり、「繁殖」のためです。

 

カエルはオスしか鳴きません。

 

オスがメスにアピールするために一生懸命声を出し、メスはそれを聞いてオスを選ぶのです。

 

また、オス同士が縄張り争いのために「ここにいるよ」と声を発する意味もあります。

 

あの玉の雨が降りしきるごとき大合唱は、カエルたちの命が音となって夜を跳ね回っているような、むしろ「静けさ」すら感じる荘厳さがありませんか?

 

ふと目を閉じてその音に聞き入ってしまうことがよくあります。

 

カエルの合唱に隠された驚きの美的法則とは?

スポンサーリンク

そんな生命を燃やして発せられているカエルたちの鳴き声には、実は数学的な美しい法則が隠されていたのです!

 

「カエルの歌」はご存知ですよね?

あの歌は一人が歌うと、別のまた一人が後を追いかけるように歌う「輪唱」という技法で歌われます。

 

実はカエルの世界でもこの「輪唱」のようなことが起こっていたのです!

 

これは日本の合原一究氏が中心となって理化学研究所、東京大学、京都大学などの共同チームが行った研究で、イギリスの科学専門誌の電子版に掲載されたものです。

上の図を見てください。

 

カエルはなんとやたらめったら鳴いているわけではなく、必ず隣り合ったカエルと声をずらして鳴いていたのです。

 

(なぜずらして鳴くかと言うと、メスにアピールしたり、オス同士で存在を知らせ合うための発声なので、かぶってしまってはお互いイイことがないのです。だから譲り合うのです。ジェントルマンです。)

 

あの大合唱は、実は美しい秩序の元に響いていたのですね。

 

しかも「2匹の隣り合ったカエル同士はお互いかぶらないように鳴く」というエチケットは、田んぼの中の大量のカエルたちにも当てはまり、

 

どうやらすべてのカエルは隣のカエルと声がかぶらないように鳴いているらしく、どこかで声が重なるとしても、その譲り合いの声の響きは、私たち人間にとってなんとも心地よい自然音となって聞こえてくるのです。

 

カエルの合唱の癒しの効果をリラックスと安眠に応用しよう!

夜、カエルの声に耳を澄ましてみてください。

 

目を閉じると、大きくてまっすぐなカエルたちの声の重なりが体の隅々にまで満ち満ちて、自分の中がカエルの声だけで満たされる感覚を味わえます。

 

疲れや嫌なことなんて忘れるほど、カエルの鳴き声だけ。

 

あまりの圧倒的な自然音に体の中も頭の中も占拠され、いつの間にか気持ちよく眠ってしまうはずです

 

一番上で紹介した「【自然音】カエルの鳴き声 / Nature Sounds – A Huge Chorus of Frogs」を仕事中や作業中、勉強中、イライラするとき、むしゃくしゃするときにヘッドホンで聞いてみてはいかがでしょうか。

 

夏でなくてもカエルの鳴き声という自然音を、頭いっぱい、体いっぱいに感じることができますよ!

 

美しい法則に則って降り注ぐ夏の夜の大合唱。

 

この癒し効果をぜひあなたの生活のリラックス手段の一つとして取り入れてみてください。

 

一途でジェントルマンなカエルたちの鳴き声が、あなたを優しい気持ちにしてくれますよ。

スポンサーリンク

 - 厳選情報 , , ,