夢を目標や予定に変える方法とは?今日やることリストを作れば達成率UP

前回に引き続き、「潜在意識を使えば夢は叶う!」というテーマで記事をお送りします。

 

今回は前回「憧れ」を「夢」に変えたあなたが、「夢」を目標に、目標を予定に変えていく方法について詳しくご紹介いたします!

 

遠かった憧れを、どんどん自分のそばに引きつけて来ましょう!

 

 

憧れ→夢→目標→予定へ引きつける方法


自分のものですらなかった対象を自分の未来に設定することで「望みを自分に引きつけた」あなたが次にすべきことはこれです。

 

  1. 夢を目標に分割する。
  2. 目標を予定に落とし込む。
  3. 予定を≪今日やることリスト≫で達成していく。

一つずつ詳しく説明いたします。

 

夢を目標に分割する

 

列車の行き先を設定したので、進んでゆけばたどり着くことはできますね。

 

しかし

 

進まなければ決してたどり着くことはありません。

当たり前ですよね。

 

でも安心してください。

 

きちんと燃料を供給し、車掌であるあなたがエンジンをつけて出発進行し、1駅1駅しっかりと到着することができれば、必ずあなたが設定した終点にもたどりつけるのです!

今の地点から遠くの終点を見ようとすると果てしなく遠く感じるかもしれませんが、次の駅をめがけて夢中で走れば、意外とあっさり1駅分走っているものです。

 

この駅の役割が、「目標」です。

 

例を用いて夢を目標にする方法を説明してみましょう。

夢を目標に分割するコツは、大きな目標から中くらい、小さい目標へと徐々に小さく分解していくことです。

 

(例)

夢:世界旅行をする!

目標:現地で似顔絵を売りながら、世界120カ国を旅する

→世界60カ国を旅する

→世界10カ国を旅する

→海外旅行1カ国目、クリア!

→初期費用300万円貯める!

→英会話教室の短期コースで売り込みをできるくらいの英語力をつける

→本格的に似顔絵の勉強をするためにスクールに通う

→画材道具を買う

→知り合い100人の似顔絵を鉛筆で描く

→鉛筆でスケッチブック1冊分のデッサンをする

 

このように1番上の夢、次に書いた1番大きな目標の時点では、

 

「そんなこと本当に実現可能なのか?」

 

と思ってしまいますが、

目標をだんだんと小さな単位に切り崩したり、

 

その大きな夢を叶えるために「現実的に必要なこと」(知識や能力、金銭的余裕)をリスト化して現実的な順番に並び替えていくと、

 

自分が夢にたどり着くための進むべき道、達成していくべき道が見えてくるはずです。

 

目標を予定に落とし込む

スポンサーリンク

次に先ほど紙に書いた細分化された目標に、あることを付け足していきます。

 

それは何だと思いますか?

 

目標に「あること」を付け足すだけで、目標を予定に一瞬で大変身させることができるのです。

 

 

目標は達成すべきちょっと先の未来の点。つまり駅でした。

 

予定は・・・・・・時刻のことです!

 

つまり、目標に「期限」を設けるのです。

 

(例)

2040年までに世界120カ国旅行達成する!

2030年までに60カ国達成する!

2020年には世界旅行計画のスタートを切る!

2019年には旅と絵の売り込みに必要な英語をマスターする!

2018年には似顔絵をネット販売して稼げるくらいになっている!

2017年、スケッチブック1冊完了!

 

このように目標に期限を付け足すだけで、あなたと夢との距離はぐっと近づきました!

 

いつのまにか、他人の現実であった憧れの対象が、あなたの未来としっかり目に見える形で繋がったのです!

 

予定とはなんでしょうか。

達成していくものです。

 

あなたは自分で事細かに立てた予定を、一生懸命達成していくだけで、必ず夢までたどり着くことができます。

 

予定を≪今日やることリスト≫で達成していく

 

予定は誰しも立てたことがあるでしょう。計画、とも言えます。

 

しかし、予定や計画がなかなかうまくいかない、立ち行かなくなって途中からなし崩しになってしまう、そういった経験はありませんか?

 

例えば「今日は問題集の第1章を終わらせる!」なんて目標を学生時代に立てたとしましょう。しかしいざ一日が終わってみると、1章はおろか、計画の1/3も進んでいなかったなんてことがよくあります。

 

それを解消する有効な方法があります。

それは【今日やることリスト】というツールです。

 

ツールと言っても、これも白い紙とペンさえあれば作れるものです。

 

スマホのメモ帳でも構いません。

 

先ほどの問題集の1章を終わらせるという予定を今日やることリストに落とし込んでみましょう。

 

(例)

≪4月10日 今日やることリスト≫

・9:00~10:00 第1章の第3項まで終わらせる。問題を解くのは30分で終わらせ、答え合わせと理解に30分使う。

・12:00~13:00 第4項と第5項を終わらせる。問題は20分で終わらせ、難しい問題の解決に40分使う。

・15:00~17:00 第6項を20分以内に解いて20分で答え合わせ。17:00まで第1章すべての問題の中で間違ったものをもう一度時直す作業をする。

 

このように「今日」という中でも「目標」と「予定」を設定してあげることで、駅なしで今日を走り続けて列車がペース配分を誤ってしまう失敗を防ぐことができます。

 

もちろん自分で設定した時間内に終わらないこともありますが、時間設定をしないよりもずっと効率よく前に進めること請け合いです!

 

時刻表があることで、列車もどれくらいのスピード(努力)をもってすれば時間を取り戻せるのかが分かります。

 

特に設定した時間がある場合には、タイマーを近くにおいて時間を意識して予定をこなしていくと、よりその時間めがけて作業を効率よく進めようと脳が回転していってくれます。

 

この【今日やることリスト】(時間設定付き)はぜひおすすめしたい成功・夢実現のための習慣です!!
ランキングに参加しはじめました。よかったら応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

       
 
スポンサーリンク
   

 コメントを追加

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です