夏のボーナスで夢を叶える「貯金VS自己投資」とは?使い道で未来が変わる!

夏のボーナスで夢を叶える?

何かしら夢を持っている皆さん!!

夏のボーナス、もらえる方ももらえない方も、お金の使い方・使い道について考えてみてください。

 

もし急に給料とは別のまとまったお金が手に入ったとき、あなたは何に使いますか?

 

貯金しますか?

それとも家族や自分のためにパーッと景気よく使いますか?

それとも、学費やローンなどの必要な資金の足しにしますか??

 

このボーナスの使い方・使い道によって、あなたの未来は大きく変わってきます。

 

たかが1回のボーナス、されど1回のボーナスです!

 

では一体、あなたの夢を叶えるための有益な使い方とは何でしょう?

以下でチェックしてみましょう!

 

貯金VS自己投資?!

「お金を使う」と一言で言っても、

●生活費(必要なお金)

●お小遣い(贅沢をするお金)

●ローン等(払わなくてはいけないお金)

 

など、いろんなお金の「使い道」がありますよね。

でも、実は夢を叶えたいあなたにとって、これ以外の2通りの「ボーナスの使い道」があるのです!!

それは、

●貯金

●自己投資

 

です。

 

まず、あなたには「夢」や「目標」というゴールがありますよね?

そのためにお金が必要な人は、ここはしっかり貯金をしましょう。

 

お金は使うことと守ること、両方を上手にやらなくては増えていきません。

 

お金が必要なのに、遊びや付き合いにぱっぱら使っていては、いつまで経ってもお金は増えてきませんよね。

 

次に夢のために、自分にはお金はあるけれど、技術がない、何かに秀でたことがない、勝負できる武器がない、という人はぜひボーナスを使って「自己投資」をしてください!

 

スポンサーリンク

お金は貯めれば貯まります。

しかし技術やスペックは努力しなければ手に入りません。

 

お金で「ポン」と購入することができないのです。

 

さらにやっかいなことに、一流の技術やノウハウはその辺にタダで転がっているわけではありません。

 

現代のネット社会では、たいていの場合ネットでノウハウも手に入りますが、それにも「お金」がかかります。

 

もしあなたが夢を叶えるためにその技術やスペックが必要なのであれば、ぜひ「自己投資」をしてそのスペックを身に着けてください。

 

夏のボーナス?

 

まさにあなたの夢を叶えるための武器を手に入れるのに、うってつけの資金源がやって来たわけです!!

 

あなたの夢は何ですか?

 

そしてその夢を叶えるのに今まっさきに必要と思われるのは、「お金」ですか?それとも「スキル」ですか?

 

「両方」という場合があるでしょう。

その場合は「スキル」から行きましょう!

 

たいていの場合、「スキル」が身につけば「お金」は自然と入ってきやすくなるからです。

 

夢を叶えたい人は、ボーナスの使い方も普通じゃいけません。

 

もちろん家族サービスや自分へのご褒美も時には必要ですが、いつもの家計の範囲内でそういったご褒美を賄えるといいですね。

 

家計からご褒美を賄おうと思うと、自然と「無駄な出費」を抑えられる癖もついてくるので一石二鳥ですよ!

 

 

お金は上手に手放せば仲間を増やして戻ってくる?

「お金は生き物です」というのは、私が中学生の頃に読んだ本に書いてありました。

(可愛くない中学生で、なぜか脳科学やビジネス本を好んで読んでいました(笑))

 

お金は生き物で、ひと所にずっととどめておくと暴れ出します。

また、お金は川のようなものだと言っていた人もいました。

お金は川なので、堰き止めるといつかダムが決壊して出て行ってしまう、と。

どちらも同じことですね。

 

つまり、お金は「貯金」するだけでは決して大富豪(お金持ち)にはなれないということです。

 

どうすればいいのか。

 

それは、「貯金」もするけど、有益なことにお金を「喜んで」使う。

 

これができる人は、お金持ちになれる。

 

喜びと幸福のエネルギーを乗せて出て行ったお金は、必ず仲間を増やして(増幅して)自分の元に戻ってくる。

 

これは幸せなお金持ちなら誰もが知るお金の法則のようです。

 

あなたも夢のためにしっかりと「貯金」をしながらも、自分のスキルアップや、自分や家族、周りの人の幸せや喜びのために、「幸せなお金」を使える人になっていけたらいいですね!

 

私もお金を喜んで使える幸せな人間になるべく、今日も明日も頑張ります!

 

 

       
 
スポンサーリンク
   

 コメントを追加

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です