身に覚えのない謎の銀行引き落とし…そんな時に即やるべき対処方法とは?

謎の銀行引き落とし

通帳を記入するとき、あるいはネットで入出金明細を確認するとき、

「え、何この出費・・・(ぞっ)」

っていう経験はありませんか?

 

今まさにその状態に陥っていて、

対処法を探していらっしゃるあなたのために、

昨日そういう状況に陥った私が解説します。

 

 

焦らず1個1個確認してみてくださいね!

謎の出費に心臓はバックバクでしょうが、

やるべきことを適切にやっていきましょう!

 

 

原因が分からない!という時即やるべきこと

 

まずはちょっと深呼吸しましょう。

あんまり焦っていては頭が働きません。

 

第1段階・状況把握

最初にやってほしいのは状況把握です。

 

その出費(謎の銀行引き落とし)は、

どこからの引き落としか印字(表示)されていますか?

 

会社名が表示されていたり、

番号が表示されていたりしますか?

 

もしあれば、

今まで毎月同じ会社や取引がないかチェックしてみましょう。

 

唐突な謎の引き落としではなく、

もしかしたら今まで取引のある会社からの引き落としかもしれません。

 

また、その謎の出費と思い込んでいる出費、

最近何かに登録したり、契約したり、

買い物をした記憶は本当にありませんか?

 

しっかりと落ち着いて最近1~2か月の記憶を掘り起こしてみてください。

 

意外と「あ、そういえば」と記憶が見つかって

「なんだそれなら身に覚えがあるぞ」と安心できるかもしれません。

 

また、今までに同じ金額の出費がないか確認してみましょう。

 

 

端数まで同じ金額の場合、同じ会社、同じ取引である場合が多いでしょう。

そういった探し方も有効です。

 

 

私の場合は家賃と同じ金額だったので

きっと家賃が間違って変な時期に引き落とされちゃったんだろう?と思い、

まずはすぐに不動中継会社に電話で問い合わせました。

 

しかし・・・

「いいえ、私共の会社からはまだ引き落としをかけておりません」

と言われてしまいました。

 

 

もう頭が真っ白です。

これは本格的に原因究明に動かなくてはと気を引き締めました。

 

そして次に一番大事な状況把握を。

 

通帳やネットでの入出金明細が確認できるということは、

その口座は生きています。

 

 

そこで心配なのが、あなたがカードを紛失した可能性です。

 

 

キャッシュカード、クレジットカード、

デビットカード、ちゃんと手元にありますか?

誰かに貸した記憶はありませんか?

ここまでしっかり状況を整理したら次に進みましょう。

 

 

第2段階・紛失ならすぐに利用停止を申請

もしも「いやあああ!!!カードがない!!!」と気が付いてしまったら、

まずはすぐに銀行に連絡をして利用停止を申請しましょう。

 

銀行やクレジットカード会社に寄りますが

「紛失盗難受付デスク」などが設置されていて

緊急時も24時間対応してくれる電話番号などがありますので、

「銀行名+カード紛失 停止申請」などで検索して

適切な場所にすぐに連絡をしましょう。

 

 

第3段階・紛失していない場合は通帳と身分証を持って銀行へ

 

スポンサーリンク

カードや通帳を紛失していない場合で、

やっぱりいくら考えても身に覚えがないという時には、

その銀行の通帳と身分証を持って最寄りの銀行(

その謎の引き落としがあった口座の銀行)に行きましょう。

 

電話では教えてくれない場合があります。

(本人かどうか確認がとれなかったり、

口頭で暗証番号などを言う危険性を考慮して。

暗証番号が誕生日などの分かりやすいものの場合はなおさらNG。

そうでない場合は対応してくれる可能性も)

 

 

私はまず銀行へ行き、謎の引き落としがデビットカードでの出費だったので、

カード裏に書いてあるデビットカードに関する問い合わせ

フリーダイヤルに電話したらその出費の詳しい内容を教えてくれると言われ、

結局は電話で聞きました。

 

 

ところが会社名を聞いてゾッとしてしまいました。

 

「ソフトバンクペイメントサービス」という会社で、

どうしてゾッとしたかと言うと、

私はSIMスマホを使っているのでソフトバンクとは

今まで一切関わり(契約)を持ったことがないからでした。

 

 

これはやばいぞ・・・と思ったのですが、

そこで朝一で電話して「うちじゃありません」と

言っていた不動産会社から電話がかかってきました。

 

 

「お客様がネットで振込方法を変更されたようで、

今回からいつもの26日の銀行引き落としではなく、

クレジットカード会社からの引き落としになりまして、

その引き落としが先日だったようです。」と。

 

 

……あっ!そういえば手数料なくなるからって変更したんだった!!!

 

 

ということで、私の場合はこの時点で解決を見たのでした。

 

 

第4段階・引き落としをした会社に連絡して引き落としの内容(理由)を聞く

 

銀行に電話したり、

直接銀行で聞いたりして引き落とし先を突き止めた方。

 

 

私は「その会社に内容を聞きたいので電話番号を教えてください」

とお願いしたら「それはできません」と断られてしまったのですが、

会社名を調べたらすぐに出てきたので連絡することはできたでしょう。

 

 

銀行で引き落とされたもので、

引き落とし先は絶対に銀行もわかっているので、

絶対に会社が突き止められないということはないでしょう。

 

 

突き止めたらしっかり内容を確認してください。

 

それでも身に覚えがない場合はその会社にしっかりその旨を伝え、

銀行にも相談し、その結果おかしいということなら

警察にも相談しなければならないでしょう。

 

 

 

結論・紛失や暗証番号の漏えいがない限りはほとんど「ど忘れ」が原因

最近詐欺やサイバー攻撃、

ハッキングなど物騒な事件が多くて身に覚えのない引き落としには

不安になってしまいますが、

 

よくよく思い返すとやっぱり

自分が契約したり、契約を変更したり、

あるいは契約更新でいつもより多めに払うことを忘れていたり

支払い方法を変えたことを忘れていたり、

そういえば急に入用でカードで支払いをしていたり

 

銀行で言われたのは

前回支払いをしなくちゃいけなかったときに口座にお金が入っていなくて、

その引き落としがいつもと違う時に急にされるってことはあります」

と何度も言われました。

 

(口座にはお金が入っていたし、

その時にはちゃんと引き落とされているので私の場合は違ったんですけどね。)

 

 

とにかく、慌てず焦らず、1個1個確認して適切な処置をとりましょう!

たいていは自分の「ど忘れ」ですので、きっとあなたも安心できますよ^^

 

それでももしも犯罪に巻き込まれてしまったときは、すぐに警察に届け出をしてくださいね!

「謎の引き落とし」の謎がとけ、あなたがほっとできますように。

 

 

【PR】

楽天カードはとっても便利です。

なんせまずは「年会費永年無料」なので、持ってないと損です。

 

私も1枚持っていて、楽天市場で買い物をするときなどに使っています。

ポイントが普段でも2倍、金曜は3倍ってどんどん貯まるのでいい感じです^^

 

 

もしまだ楽天カードを作っていない人は

新規入会するともれなく2000ポイントもらえる今!登録して、

2000ポイントで何か好きなものでも買っちゃいましょう^^

(私はこれで独立の際にコーヒーピッチャーを買いました笑)

↓↓↓

銀行の謎の引き落としには焦らずに対処!

お得なカードはいますぐにGET!です^^

 

でもあれ、クレジットカードだから、

「ご利用は計画的に!」ですよ^^

 

(私はクレジットカードはデビッド機能を付けることが多いですね。

使いすぎないように、という意識がしっかり働くので^^)

       
 
スポンサーリンク
   

 コメントを追加

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です