子どもも朝起きれないのは辛い!あさシャキが午前中の学校生活を変える!

朝起きれない辛さ

 

「朝起きれない ツライ」で検索してくれた学生の皆さん。

「子ども 朝起きれない」で検索してくださったお父さん、お母さん方。

 

 

子どもだって、朝起きれないのは「辛いこと」なんですよ。

 

 

だらだらしたくて起きて来られないのではない場合、

「どうして起きれないの!」という毎朝のお叱りは、

思春期の子どもにとって大きなストレスであり

プレッシャーかもしれません。。。

 

 

「朝起きれない」原因と対策を知って、

朝起きれなくていろんな面で苦しんでいるお子さんを救ってあげてください!

 

 

学生さんでこの記事を読んでくれている方は、

自分でできる対策は自分で頑張ってみながら、

必要なことはご両親にも相談してみましょう。

 

 

さて。まずは、朝起きれない子どもは何がつらいのか。

それについて知ってください。

 

学生の皆さんは共感できる部分が多くあるはずです。

私も実は、朝がつらい子供だったのでよく分かるんです・・・。

 

 

親に怒られる

 

 

「いつまで寝てるの?!」

「シャキッとしなさい!」

 

 

階段の下から毎日のように親に叫ばれていた思春期のあのころ・・・。

 

 

朝からそんな風にどなられたら、

子どもだってテンションも下がり、

イライラしてしまいますよね。

 

 

(もちろん、子どもがちゃんと起きて来ないことで、

お母さんお父さんもイライラしてしまいますよね。

それもよく分かります。)

 

 

 

でも、「起きない」んじゃなくて、

「起きれない」んです。

 

 

 

どうかそれ以上叱らずに、

のちほどご紹介する対処法を知って、

一緒に対策を講じてあげてください!!

 

 

先生に注意される

 

朝起きれなくて学校に遅刻しがちな皆さん。。。

 

したくて遅刻しているわけじゃないのに、

先生に毎度嫌味を言われるのが本当に辛いですよね。

 

 

先生に嫌味を言われるくらなら

「もう休んじゃおうかな・・・」なんて。

思いますよね。

 

(私はだから、遅刻より欠席が多かったです)

 

 

先生にとっては「遅刻=悪いこと」ですから、

当然注意をしてきます。

 

 

もちろん子どもにしたって注意されている理屈はわかるわけで、

 

「でもシャキッと起きれないんだもん」

「朝体も頭も重いんだもん!」

「どうにかしたいよ!どうすればいいのさ!」

 

と途方に暮れてしまいます・・・。

 

 

最近は朝起きれない子がかなり増えてきているので、

一緒に対策を考えてくれる先生や保険の先生もいるかもしれませんが、

「おい、遅刻もう何回目だ?!」と言ってしまう先生の方が

圧倒的に多いのは、どうしようもありませんよね。

 

 

朝練で先輩や仲間ににらまれる

 

好きで「朝起きれない」「遅刻しちゃう」わけじゃないのに、

やっぱり部活の朝練に遅れてしまったら、

仲間や先輩に迷惑をかけてしまいますよね。

 

 

やりたくて入った部活動も、

朝練についていけずに

途中であきらめてしまう子も……。

 

 

悲しいですよね。

朝シャキッと起きられないだけで、

輝く青春をかなり無駄にしているかもしれません。

 

 

学校が嫌になる・・・

 

起きれない。遅刻する。

すると学校では先生や先輩、部活の仲間ににらまれてしまう。

家でも親に怒られっぱなし。

 

思春期の子どもはただでさえストレスをためやすいのに、

これでは辛さの連鎖です・・・。

 

学校に行きたくなくなるのもうなずけるでしょう。

 

 

午前中も集中できない辛さ

 

スポンサーリンク

 

朝シャキッと起きられないと、

午前中の授業もたいていぼーっとしがちです。

これもかなりツライ・・・もったいない症状です。

 

先生に叱られる

まず授業中にぼーっとしたり、

うとうとしたりしていると、

先生に注意されてしまいます。

 

先生からの印象が悪くなると、成績にも影響します。

怒られてばかりだと、イライラしたり、

卑屈になったりします。

 

いいことがありません・・・。

 

 

勉強についていけない

寝たりぼーっとしたりすると、

もちろん勉強についていけなくなってきます。

 

思春期の「起きれない」現象は、

将来にも影響してくるということです。

 

 

体調が悪くて保健室へ……

 

授業中にぼーっとしたり、

うとうとしたりするだけでなく、

朝シャキッと起きれない子どもの中には、

午前中に血圧が低くて気分が悪くなる子も多いです。

 

授業中に椅子に座っていることもつらく、

お母さんお父さんが知らないだけで、

しょっちゅう保健室のお世話になっているかもしれません。

 

朝「シャキッと起きられる」というのは、

皆当たり前にできることと思われがちですが

そうではないのです。

 

でも、小学校も低学年の頃や、

幼稚園の頃なんかは、

こんな悩みも少なくありませんでしたか?

 

そう、誰もが「シャキッと起きられた」時代もあったわけです。

 

ではなぜ起きれなくなってしまったのか。。。

その原因を見ていきましょう。

 

 

朝起きれない原因とは?

 

スポンサーリンク

 

子どもが朝シャキッと起きられない原因は

いくつかあります。

 

夜更かし

 

親の知らないところで、

(主に自分の部屋で)

夜遅くまでゲームや漫画に夢中になっているかもしれません。

 

 

そんな場合、原因は単純に

「夜更かしによる寝不足」のせいかもしれません。

 

 

朝起きれないことにガミガミ言うよりも、

夜決まった時間に寝る習慣をつけてあげることの方が大切でしょう。

その際も、ガミガミ言わずに、

睡眠の大切さを体と心の観点から丁寧に説明してあげてください。

 

 

ガミガミ言われると反発したくなるのが思春期です(笑)

ね!皆さん^^笑

 

 

画面の見すぎ

寝る直前までスマホやパソコンの画面を見ていると、

画面から発せられるブルーライトの影響で

睡眠の質が著しく低下します。

 

 

テレビも同じです。

 

 

寝る1時間前は、

ゆっくりお風呂につかったり、

読書をしたり、

家族で白湯でも飲みながらリラックスタイムを過ごしたり、

ベッドでストレッチをしたりして

画面は遠ざけるようにしてみましょう。

 

 

これは精神が安定せず、

ストレスが溜まりやすい子どもにとって、

とても効果的な生活習慣改善法です。

 

(スマホ中毒の子どもにとっては大変な試みでしょうが、

スマホよりも豊かな時間の過ごし方を知って(教えてあげて)ください。)

 

 

ストレス

 

思春期はストレスが溜まりやすいですね。

勉強のプレッシャー。

親や先生からの小言。

友達関係。

部活の先輩後輩関係。

受験。定期テスト。宿題。。。

 

 

ストレスが溜まらない方がおかしいくらいな環境です。

 

 

だからこそ、

 

ストレスをいかに解消できるかが、

思春期を幸せに過ごすカギなのです。

 

 

 

大好きな漫画やゲーム、

スポーツや友達との遊び、

スイーツ、カラオケ、なんでもいいです。

 

 

 

適度に取り入れて、

自分を解放してあげる時間を上手に持ちましょう。

 

 

適度に、が大事です(^^)

 

 

度を越すと、また小言を言われてしまいます。

趣味に夢中になるのはいいですが、

現実逃避に夢中になってはいけません。

 

現実逃避のしすぎはストレスの連鎖を呼んでしまうので、

ストレスは「適度に抜いて解消!」を心がけましょう。

 

 

思春期のホルモンバランス

 

思春期は心も体も「成長期」なので、

とにかくホルモンバランスが安定しません。

特に女の子は毎月の生理にも強いストレスを感じているでしょう。

 

 

ホルモンバランスが原因で

朝起きれないことも多くあります。

 

 

 

そんなときこそ、

体と心の栄養や休息をしっかりとって、

体調を整えることが大切です。

 

 

夜食や過食、栄養バランスの乱れなど

 

現代っ子が「朝起きれない」原因として、

 

食事の偏り、栄養不足、食品添加物のとりすぎ、

脂質や糖質のとりすぎなどが挙げられます。

 

 

ファストフードやスナック菓子、

菓子パンやジュースなど、

親としても買い与えやすく、

子どももお小遣いで買いやすいこれらのものが、

実は子どもの体や心をじわじわと蝕み、

「朝起きれないだるい体」を作っている可能性が大なのです。。。

 

お父さん、お母さん。

家族のご飯を作るのは本当に大変ですよね。

毎日毎日、本当にお疲れ様です。

 

お子さんの食事は、

お子さんの人生を左右するくらい本当に大切なことです。

だからなかなか気が抜けませんよね。

 

 

 

でも安心してください。

 

ファストフードが溢れている世の中ではありますが、

栄養を補助してくれるサプリなども

優秀なものが多く出てきている現代なので、

どうせ買うなら「いいもの」も買って、

健康に育ってもらいましょう!

 

 

朝起きれない…どうしたらいい?

 

スポンサーリンク

 

朝起きれない原因はいろいろありましたが、

ここからは具体的な対策方法を見ていきましょう!

 

対策1・生活習慣の改善!

 

以下に挙げるチェックポイントを確認し、

1つ1つ改善していきましょう!

 

✅夜12時までには寝よう!(できれば10時から寝れたら最高)

✅6時間睡眠を目指そう!(一番スッキリ目覚められる睡眠時間)

✅毎日適度な運動をしよう!(駅まで歩くなど)

✅無理なダイエットは厳禁。(ガリガリが美しいというのは幻想です。健康的な美を研究してみてください)

✅3食きちんと食べよう!(朝ごはんを食べないと太りやすくなりますよ)

✅悩みは人に相談しよう!(ストレスをため込まないようにしましょう)

✅遊びや趣味も大切に!(ストレス解消を上手にできる人になりましょう)

✅寝る前の1時間は、スマホやテレビ以外の時間にしよう!(お風呂、ストレッチなど)

✅夜食はやめよう!(太るだけでなく、睡眠の質を低下させますよ)

✅お菓子やファストフードは避けて、温かな食事をとろう!(お母さんのご飯を美味しく食べましょう。お母さんが忙しかったら、手伝ってあげましょう!きっととても喜びますよ^^)

 

私は学生時代、ストレスで太ってしまったので、

無理なダイエットに取り組み、

その結果、痩せにくい&ストレスでボロボロの

心と体を手に入れました(苦笑)

 

いいですか、皆さん。

 

 

朝ごはんはしっかり食べて、

痩せたければ運動しましょう。

 

 

 

 

思春期の無理なダイエットは、

確実に人生を悪い方に導きます。

 

外見が切実な悩みだった思春期時代、

私にとってもまだそれほど遠い過去の話ではないので

気持ちはよく分かります。

 

 

ですが、

あのころもっと良い生活習慣を身につけていたら、

その後の精神的な不安定さや、

体の不健康さを経験しなくて済んだのかな・・・と思うと

悔やんでも悔やみきれません!

 

今学生の皆さんは、

本当に、心して聴いてほしいです。

 

 

健康こそ、宝です!

いい大学に行くよりも、ずっとずっと尊いことです!!

 

 

 

今「朝起きれないこども」を持つ親御さんにも言いたいです。

 

 

健康は何にも代えがたい宝なんです!!!!!

食べ物、睡眠、運動。

子どものこの3つに気を使ってあげてください!

 

 

子どもの悩みも聞いてあげてほしいですが、

この時期の子どもは親に話したがらない子も多いですよね。

 

心と体が健康なら、

ストレスもどうにか乗り越えていけるものです。

 

たまには一緒に息抜きできる旅行に行ったり、

買い物にいったりしながら、

コミュニケーションしてみてください^^

 

 

そういうの、

頑張ってはいるんだけど、、、

でもやっぱり難しい時もあるのよ……。

 

その気持ちもよぉくわかります。

私もいつもいつも熱々の手料理を頑張ることはできません。

 

そんな方には以下のようなサポートサプリをご紹介したいです。

親だって、頑張りすぎはよくありません!

何もかも自分でしょいこまないで、

サプリが効果的なら試してみるのも価値があります。

 

 

対策2・あさシャキを継続して飲む!

 ➤元気にシャキッと!快適な朝をむかえるための成分を詰め込んだサプリ【あさシャキ】

 

この「あさシャキ」というサプリメント、

朝シャキッと起きれない悩みを持つ方や、

そんな悩みを持つお子さんがいるご両親に、

ぜひまずはどんなものか知ってほしいです。

 ➤【あさシャキ】専用サイトで詳細を見る

これでお子さんが朝しっかり気持ちよく目覚められて、

青春をもっと楽しめるなら、

3か月くらい試してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

 

 

皆さんの朝起きれないツライ悩みが、

早く解消されますように!

 

 

 

       
 
スポンサーリンク
   

 コメントを追加

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です